読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は警察小説を愛し過ぎている。

読む本と言えば警察小説一筋。推理小説とは違うという持論のもと、日々次なる警察小説を探し求めている。

ACT 警視庁特別潜入捜査班 - 矢月秀作

矢月秀作 ACTシリーズ

久しぶりに更新になってしまいました。。。その間読んだ警察小説たくさんあるんですが、ためちゃうと書けませんね。反省!なので、直近読んだ作品から更新。

『もぐら』シリーズや、『リンクス』の著者、矢月秀作の作品。

私の中での矢月秀作は、アクション系のイメージなので、この作品もアクション系かしら?潜入捜査という名前からも、ちょっと『もぐら』を思い起こさせる部分もあり。

いずれにしても楽しみな展開。

ACT 警視庁特別潜入捜査班 (講談社文庫)

ACT 警視庁特別潜入捜査班 (講談社文庫)

 

振り込め詐欺グループの受け子が逮捕されるところから、この物語は始まる。

潜入捜査の”役者”たちが集められ、シナリオが配られる。それぞれが完璧なまでの役作りをして潜入に備える。

こんなこと実際にあるのかな?というくらいの、完璧な役の作りこみ。(この非現実感も矢月秀作っぽい)

そこからの巧みな潜入。妙にトントン拍子に進んでいくことに対して、ばれるんではないかというドキドキ感、焦りが、ページをめくる手を進めさせる。

予想外の展開はないが、お決まりの格闘シーン(主人公が絶対的に強い!)は、奇抜さはないが読後感の良さがやはり矢月秀作という感じの流れ。

続編も読みたくなるので、即購入しました!

  • 主人公の魅力     ★★☆☆
  • 事件の面白さ     ★☆☆☆☆
  • どんでん返し感  ★☆☆☆☆
  • スピード感         ★☆☆☆
  • バイオレンス     ★★☆☆
  • 読後感                ★★☆☆