読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は警察小説を愛し過ぎている。

読む本と言えば警察小説一筋。推理小説とは違うという持論のもと、日々次なる警察小説を探し求めている。

警察小説愛

私と警察小説の出会いがいつだったか…明確には覚えていないが、多分、その存在を認識したのは、夏休み前に立ち寄った丸善の「警察小説フェア」だったように思う。

もともと、ミステリーや推理小説は好きだったので、その響きに惹かれて、何冊か購入したのを今でも鮮明に覚えている。それから、私の警察小説ファンがスタートしたのだと、今となって思い出す。

普通の人からしたら、いろんな事件が起きて解決していく小説というくくりで、推理小説やミステリー小説、警察小説があって、特にその違いは意識しないのではないかと思う。

かつての私もそうだった。

しかし、警察小説の魅力に取り憑かれてからの私は、もう、警察小説にしか目がいかないのだ。

本屋に出向いては、警察モノを探す。

それが、至極の楽しみになっていった。

家には山積みの警察小説。それを見るのもまた乙な時間なのだ。

そんな警察小説バカとして、警察小説愛好家として、ただ読むのではなく、その魅力を発信すべく、備忘録をつけてみようと思ったのが、このブログの始まりなのである。